Hot Key: エルメス ルイヴィトン セリーヌ プラダ
現在位置: ホーム > 全てのブランド
カテゴリ

閲覧の履歴

全てのブランド

ロレックススーパーコピー(326)

「腕時計といえばロレックス」というほどの知名度とそのステイタスで圧倒的な人気を誇るのがロレックスです。1908年ハンス・ウィルスドルフがどの国でも発音しやすく文字盤にデザインしやすいブランド名として"ROLEX"をスイスのラ・ショード・フォンに商標登録をしました。当時は携帯する時計は懐中時計でしたが、ハンス・ウィルスドルフは腕時計に着目し高品質で実用的な時計の生産に力を注ぎました。1926年には世界初の本格防水オイスター・ケースのパテントを取得し、1931年に自動巻き腕時計の先駆けとなる「パーペチュアル機構」を開発しました。現在もロレックスは創業以来、常に「実用」を重視した生産を展開し続けています。

シャネルスーパーコピー(649)

20世紀のモード史を色鮮やかに飾った…女性の“永遠のエレガンス”の代名詞「シャネル」女性の永遠の憧れと言えばまず思い出すのが「シャネル」ではないでしょうか。天才ラガーフェルドが作り出す究極の芸術品の数々は、見るものの心をいとも簡単に射止めてしまう。一時期シャネルと言えば原色を使った派手なスタイルと言われていましたが、今は流行に合わせたシンプルかつ爽やかなイメージの商品も数多く発表されています。

ブルガリスーパーコピー(122)

1884年、ソティリオ・ブルガリがローマのシスティーナ通りに最初の店を開いた。これがブルガリの始まりである。 ブルガリのデザインはギリシャ建築の手法にヒントを得て、古代ローマ文化とギリシャ文化が融合したジュエリーを展開していく。 1970年代にニューヨーク、パリ、ジュネーブ、モンテカルロに海外支店をオープンし、ジュエリーブランドとしての地位を国際的なものとした。 1977年には「ブルガリ・ブルガリ」の時計を発表。 1990年代になると香水にも発展し、「ブルガリ」「オ・パフメ」「ブルガリ・プールオム」「エクストレーム」などを次々と発表した。 90年代からはレザー・コレクションも発表し、今なお注目を集め続けている。

オメガスーパーコピー(197)

1848年、創業者ルイ・ブランがスイスの ラ・ショード・フォンに時計工房を構えたのが始まり。大規模な生産設備を擁し、市場をヨーロッパ全土へと拡大。1894年には新型部品を搭載した時計を発表するなど、オメガは目覚しい 発展を遂げ、1900年代初頭に、究極の 時計という自負から、ギリシア語の最終文字「Ω=オメガ」へと変更。オメガはその後、アポロ計画での公式時計採用をはじめとして、深海探査でも耐水圧記録の樹立、オリンピックやアメリカズカップの公式時計の採用など、様々な分野で貢献を続ける。

IWCスーパーコピー(252)

1868年にアメリカ人技師のフロレンタイン・A・ジョーンズが時計職人のヨハン・H・モーザーと協力して、スイス北西部のシャフハウゼンで創業。創業時からスイスの伝統的技術とアメリカの機械自動化の製造技術を一体化し、効率的で完成度の高い時計作りを目指したブランド。機械式デジタル懐中時計などで高い評価を受け、王侯貴族や冒険家に愛用され世界的ブランドに成長した。1930年代に航空時計の製作に着手し、1935年に完成させた「マークシリーズ」は世界第二次大戦後もパイロットクロノグラフのトップブランドとなりました。

カルティエスーパーコピー(209)

1847年、宝石細工師ルイ・フランソワ・カルティエがパリのモントルゲイユ街13番地にメゾン・カルティエを設立。1904年、英国王室御用達の勅許状を拝命したのを皮切りに、1939年までの間に15ヶ国の王室御用達の勅許状を拝命する。三代目のルイ・カルティエは宝石制作だけでなく、腕時計の分野にも進出。後にこれを「三連」、「フルーツと花」、2つのCを組み合わせたロゴなどがルイの代表作。

ショパールスーパーコピー(90)

1860年にスイスの小さな村で、厳格な精度を維持する時計工房をスタートさせたショパール。3代目のポール・アンドレ・ショパールは、その技術と自らが学んでいた宝飾技術を融合し、ショパールは新たな展開をみせます。 それは、遊び心と革新的なデザインで世界中のセレブを虜にしてしまうジュエリーの誕生でした。伝統を大切にしながらも、常に新しさを追求したデザイン。自分らしさを導きだし、身に付ける者をより輝かせるショパールは、まさに一生物と呼ぶに相応しいジュエリーです。

フランク・ミュラースーパーコピー(34)

1992年、フランク・ミュラーにより創業。ダブル・ジャンピングアワー、ミニッツリピーターなどコンプリケーションウォッチを発表。1998年には世界最小のトゥールビヨン、2000年にはルーレットを装備したヴェガス等、独創的なアイディアで時計業界に革新をもたらした。ダイヤモンドなどを装飾したラグジュアリーウォッチの発表も記憶に新しい。わずか創業20年足らずで偉業を達成した稀有のブランドである。

ブライトリングスーパーコピー(142)

1884年、レオン・ブライトリングがスイスのサンティミエに時計工場を創設。当初はストップウォッチを専門に製作しており、腕時計型クロノグラフを発表したのは1915年であった。1932年には事業を拡大、1942年に「クロノマット」、1952年に「ナビタイマー」を発表。ダグラス、ロッキードなど航空機メーカーに供給し、パイロットウォッチの代名詞的ブランドとして認知されることとなる。精度の追求により全モデルのムーブメントは公認クロノメーターを取得。

ルイヴィトンスーパーコピー(1445)

1854年、初代ルイ・ヴィトンがパリに世界最初の旅行鞄店を開業。その確かな技術は、旅行鞄からタウンバッグへと発展し、財布やポーチなど小物になで活かされ、人々を魅了している。『LV』のイニシャルと花と星をモチーフにした「モノグラム・キャンパス」は、当時パリで大流行していたジャポニズムの影響下で、日本の家紋にもインスピレーションを受けているのではないかと言われている。日本人デザイナー村上隆とコラボレーションしたり、マークジェイコブスをプレタポルテのデザイナー起用することにより、時代の息付きを鮮やかに先取りした若々しいポップなコレクションで毎シーズントップランナーとして華やかな話題を振り撒き続けている。

エルメススーパーコピー(1113)

世界中の女性たちに愛され続けるエルメス。 その創設は1837年に初代ティエリ・エルメス(1801~1878)がパリにて開いた馬車工房から始まります。職人による確かな技術が好評を博し、後にナポレオン3世やロシア皇帝の御用達馬具商となり、王侯貴族に愛用されました。エルメスのロゴマークに描かれているのは四輪馬車であるデュックと従者です。主人が描かれていないのは、「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを卸すのはお客様自信です」というエルメスらしいメッセージが込められているからだそうです。

グッチスーパーコピー(1149)

言わずと知れた世界最高峰のブランド『GUCCI』。 「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去の良いものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとする。品質保証をする為に、世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売し、ブランドの元祖とも言われた。 グッチオ・グッチの考案した、自らの頭文字をあしらったダブルGのモノグラムは、あまりにも有名である。緑・赤・緑のテープ(馬の腹帯)や、ダブルGを表面に捺染したジャガードのバッグ、メトロポリタン美術館に出展したビットモカシンや全てが手作りという触れ込みのバンブーバッグ等、多数のヒット商品を世に輩出している。

クロエスーパーコピー(352)

1952年にメゾンブランドとしてスタート。シックで官能的で、しなやかな美しさをもつデザインが特徴である。 カール・ラガーフェルドらにより、クロエはコレクション・ブランドとして確立される。 1997年にステラ・マッカートニーが引き継ぐと、これまでのロマンティックな傾向に 突然ストリート感が吹き込まれる。 その後はフィービー・フィロを経て、現在はパウロ・メリム・アンダーソンがチーフデザイナーを務め、 フェミニンなアイテムにテーラーをミックスしたスタイルや、リラックスした大人のロマンティックスタイルなどを提案し、大きな成功を収める。

ミュウミュウスーパーコピー(179)

miumiu(ミュウミュウ)ブランドは、1993年春夏にプラダから発表されたより幅広い年齢層をターゲットにし価格も抑えたプラダのセカンドラインです。 ブランド名の由来は、プラダの創設者マリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・プラダの子供の頃の愛称がそのままブランド名になったものです。 miumiuのコンセプトは、「bad girl」意訳すると「やんちゃなお嬢さん」というところでしょうか。高級感を抑え、気取らないカジュアルさを重視するmiumiuのコレクションは、プラダとはまた違った可愛らしくセンスの光るおしゃれとして、世界中の若い女性たちに支持されています。

プラダスーパーコピー(329)

1913年、マリオ・プラダがミラノに皮革製品店を開業。78年に孫娘のミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任したことで、事態は変革を見せ始める。「ポコノ」という軽くて強い工業用防水生地のナイロン素材のバッグが現代女性の合理的志向に合い、大きな話題となる。その後次々と新しいバッグやリュックを発表し、人気を不動のものとした。また、PRADAのセカンドラインとして、miumiu(ミュウミュウ)を展開。こちらは女性らしい華やかさを持ち、気取らずに身に着けられるということで、比較的若い世代の女性から注目を集め、人気を博している。

ウブロスーパーコピー(232)

ウブロは1980年スイスにて創業されました。フランス語で船の側面の「舷窓」を意味とし、デザインアイデンティティにもそれに準じるものを採用。ウブロは斬新なデザインを逸早く取り入れることでも知られ、ラバーストラップモデルの投入に関しても早い時期に投入しました。ウブロ創立25周年となる2005年には「フュージョン」をコンセプトに掲げた「ビッグバン」を投入し、プレミアムメゾンとしての地位を確立しています。

ゼニススーパーコピー(12)

1865年、ジョルジュ・ファーブル・ジャコの熱意により、高級時計の中で最も神話的なマニュファクチュールの一つが誕生しました。 彼が最も完璧だと納得するムーブメントを完成させました。彼はできたばかりのムーブメント、そして彼のマニュファクチュールに宇宙の頂点を意味する「ゼニス」と名づけることにしました。そして輝くお守りであり幸運へと導く空の道しるべである星をそのシンボルとしました。 その輝きに守られて2000の黄金の腕を有するマニュファクチュールは1565もの賞を受賞し、ニューヨーク、パリ、モスクワ、東京など世界中に支店を構えるまでになりました。自分が手にしている宝物の価値を充分に知っている素晴らしい人々の愛情に先導されながら、美、真実、一貫性、精密さ、複雑さという創立以来大切にされてきた価値観をもって、発展を続けているのです。いえ、それ以上と言えましょう。 今日、マニュファクチュールは、伝統の繊細さと現代性を結びつけることで、機械の完璧さのために美を奉仕させる、という賭けに常に挑戦し続けています。

オーデマ・ピゲスーパーコピー(51)

ジュール・オーデマとエドワール・ピゲが1875年に創業。 高級腕時計ブランドとして現在まで一切の妥協がない製品を発表。 女性用腕時計のミニッツリピーター搭載モデル等、 他ブランドとは一線を画すモデルの製作を初期から行い、 1972年には高級腕時計で初のステンレススティール素材を ベースとした「ロイヤルオーク」を発表。 他ブランドが後に追随するカテゴリーのパイオニアとなる。

パテック・フィリップスーパーコピー(155)

1980年スイスにて創業。フランス語で船の側面の「舷窓」を意味とし、 デザインアイデンティティにもそれに準じるものを採用。 斬新なデザインを逸早く取り入れることでも知られ、 ラバーストラップモデルの投入も早いうちに投入。 創立25周年となる2005年には「フュージョン」をコンセプト に掲げた「ビッグバン」を投入し、 プレミアムメゾンとしての地位を確立した。 .

パネライスーパーコピー(209)

ジュゼッペ・パネライが1860年に創設。精密機器専門メーカーとして軍用にクロノグラフ懐中時計を納入していた。1940年代には「ルミノール」を造りあげる。1993年にリシュモングループ(カルティエ主宰)の傘下になると、イメージ戦略が功を奏し世界中にパネライの名が知れ渡ることに。「デカ厚」時計としてのトレンドはこのパネライからの発信であり、他のブランドもこの路線に追随するほど大ブームを巻き起こしたことは記憶に新しい。

セリーヌスーパーコピー(209)

1945年、セリーヌ・ヴィピアナがオーダーメイドの子供革靴専門店をフランスのパリ、マルタ通りに開業。以後、靴やバッグなどの皮製品、アクセサリー等と拡大しました。 ベーシックなデザインと上品な雰囲気でトータルファッションを提唱し、パリの BCBG の代名詞になりました。現デザイナー、イヴァナ・オマジックを迎え、「しなやかで柔らかく、流れるようだけれど、しっかりした服の魅力を追求する」という言葉通りのコレクションを発表しています。

ゴヤールスーパーコピー(83)

弊社はサイトで一番大きいゴヤールコピー品販売ショップです。ゴヤールコピー通販品 例えばコピーゴヤール、ゴヤールコピー腕時計、ゴヤールコピーバッグが揃っており ますゴヤールスーパーコピー品、コピーブランド時計。ゴヤールコピー見分け方 も